マタニティー歯科外来

大切な我が子を
守ってあげられるのはママだけです

可愛い我が子を病気にしたくない、元気に育ってもらいたいと願うのは当然ですね。しかし、「子供の虫歯」は今なお大きな問題で、こんなにも情報があふれ病院も選び放題の日本においても解決されていない病気の一つです。

マタニティー歯科

「マイナス一歳検診」を受けましょう
(保険診療が適応されます)

子供の歯は胎生期7週目からできはじめます。
子供の虫歯予防はママのお腹の中にいるときから始まっています。

妊娠中のリスクをコントロール

歯周病により赤ちゃんへの悪影響は出やすくなります。歯周病菌は血液を通して赤ちゃんへも届いてしまいます。
リスクは早めにコントロールするのが理想です。

妊娠中の虫歯のリスクとして「つわり」がありますが、つわりは虫歯だけでなく身体にとってもつらいことです。

つわりと上手に付き合う方法

☆歯磨き粉はお休み

つわりが軽めで歯ブラシを口に入れることができる妊婦さんは歯磨き粉を使わずお水だけで歯磨きをしてみましょう。味もそうですが、臭いがないので吐き気を誘発しにくいです。歯ブラシのヘッドも小さめを選ぶことで、気持ち悪さを少なくできます。

☆ぶくぶく歯磨き

歯ブラシが苦手な妊婦さんはぶくぶく歯磨きをしてみましょう。洗口剤を利用すると殺菌作用はアップしますが、味が苦手な方は水でぶくぶくをしましょう。

☆歯間ブラシで歯磨き

水が苦手な妊婦さんは水もつけずに磨いてみましょう。細かいところまで汚れが取れるので短時間で歯磨きを終わらすことができます。

☆磨かない

つわりのひどさは人それぞれ。なかなか分かってもらえないのは辛いですよね。歯磨きをしないと虫歯、歯周病のリスクは上がります。しかし、ママの体調がまずは一番。時期が来れば必ずできるようになるので焦らずに体調と相談しましょう。

妊娠時の変化

妊娠すると女性ホルモン(エストロゲン)の増加により妊娠性歯肉炎、妊娠性歯周炎が起こりやすくなります。そこで発生した「歯周病」により陣痛促進物質(プロスタグランジン)がより生産され早産のリスクが急激に上がります。妊婦さんの口腔内の健康は赤ちゃんを無事出産するためには必要な項目の一つです。

妊娠すると歯が弱くなる?子供に栄養を取られるから?と自分の病気を大切なお子様のせいにするコメントをよく耳にします。病気には理由があります。お子様もママ自身の健康もマタニティー歯科外来では守ります。

マタニティー歯科

赤ちゃんを守るための準備をしましょう

女性は将来の事を考えると20歳になったら検診を受け、将来の赤ちゃんを守れる準備ができるといいですね。
妊娠してからでは間に合いません。しかし、妊娠してでも遅くはありません。

少しでも赤ちゃんが快適な環境でスクスク育てるように私たちがお手伝いさせていただきます。

妊婦予防コース

①唾液検査による、ママ&パパの口腔内細菌の検査・分析を行います

料金

料金2,000円で唾液検査が受けられます。

唾液検査

②ママ&パパの口腔内画像検査

□ レントゲン検査 *妊婦さんは基本行いません
□ 口腔内写真検査

マタニティー歯科

③虫歯・歯周病検査

④現時点での口腔内状況の説明と子供への虫歯菌感染のリスクを数値で説明します

⑤リスクに応じてオーダーメイドで
「予防プログラム」を作成

予防プログラムの内容例

☆歯周病と早産・流産・未熟児の関係
☆妊娠性歯肉炎の予防の仕方
☆虫歯菌(ミュータンス菌)の子供への感染予防
☆つわりなどによるママの口腔内の変化と予防法
☆妊娠時の変化による、虫歯予防方法
☆歯並びのよい子供への育て方
☆子供を虫歯のさせない方法

マタニティー歯科

リスクコントロール開始

   

*妊娠周期・体調などを考慮して、母胎に負担をかけることなく予防を行えます。
*妊娠周期・体調により診療時間をかかりつけの産婦人科の診療時間に限らせていただく場合がございます。

細菌療法で
お口も体も健康を目指しましょう

北米の先進歯科医療が続々導入している口腔内菌質を管理する最新技術「バクテリアセラピー」

虫歯菌や歯周病菌の抑制にも効果的!
また、赤ちゃんに摂取させることで1日の夜泣き・長泣きの軽減に繋がります。

クリニック紹介
CLINIC

糀谷駅徒歩2分の歯医者/土日診療・平日夜20時まで

大田区糀谷の歯医者・歯科

糀谷伊藤歯科

〒144-0034

東京都大田区西糀谷4-14-17 ラ・ステラW103

03-6715-1523

9:30 - 13:30 - -
15:00 - 20:00 - -

※(▲)土日の午後の診療は14:30-18:00です。